スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサード リンク


LION BO?

今、興味があることの一つに
バイナリーオプション
がある。

詳しくは次回しますが、気になっててこれ目当てにどこか口座を開こうかな、とも
考えています。



いつも使っているヒロセ通商「LION FX」にこんなのがあった。
LION BO

これ、バイナリーオプションでしょう???

調べてみたら、報告します。
どうやら、デモ取引もできそうだ!!!



スポンサーサイト



スポンサード リンク


DMM.FX

DMM.com
今一番使っているところです。

まず、使いやすい。
主な取引アイテムはiPhoneですが、これが、なかなかスムーズ。ウェブでの取引が中心ですが、
アプリも悪くないです(androidで見てみました)。

最狭スプレッドごとく、確かに印象はよいです。

ここは、ネットをしているとナニカシラの形で目にする事が多いです。
つまり広告頑張っているということですね。CMもしていますし。
FX業界もいろいろと厳しい中、こういう努力は、サラリーマンとして、
参考にしなくてはいけません。

しかしながら、ここは1万通貨単位からです。
なので、他で慣れてからでもいいと思いますが、口座を開くのは早くても良いです。
キャンペーンを確認しながら、開いて下さい。








スポンサード リンク


私の儲け方の一つ~スワップ その2

まず下記グラフを見てください。
豪ドルグラフ

2007年8月頃から今年までの豪ドル/円のグラフです。2008年9月ごろの下落はリーマンショック
ですね。
それ以後、2009年後半あたりから落ち着いてきて、最近では70円から90円の間で
推移しています。

ここで、ポイントなのですが、70円付近になってから90円くらいに上がり、また下がって上がる……。

つまり、下がった時にポジションを取れば、あとは、待つだけ。
その待っている間にスワップが稼げるわけです。

75円くらいで買いができると、安心して待つことができています。80円付近でも大丈夫な時も
ありますが、このあたりでは75円以下まで下がる可能でいがあります。
この時、損切りができるか、それとも証拠金を余裕にもつかで方向性が分かれます。

私は79円より下がると、いつでも買える心持ちで対応します。
78円を下がったら、様子見ながら買っていきます。
出来れば、再び79円に戻る前に1万単位×10回程が理想です。
もちろん、証拠金に余裕があれば、もっと勝負します。
そして、あとは上がるのを待つだけ。

これで、一日700円くらい稼げることになります。月に換算すれば、少々のお小遣いには
これで、なりますね。

しかし……。この方法は一気に転落することがあります。
そう、リーマン・ショックのような場合、とか。
なので、注意が必要、なのです。

FXをするからには、そのような情勢に常に気をかける必要はありますが。




スポンサード リンク


私の儲け方の一つ~スワップ

FXにおいて、稼ぎの一つの方法としてのスワップ(スワップについてはこちら

FXでポジションを取るだけで、一日利子がつく、という夢の様な
お話。
豪ドル/円ですと、FX会社にもよりますが、70円から80円くらい、一日に利子が付きます。
(利子という言葉が妥当か、といわれると、そうではない、と答えますが、最もわかりやすい
 と思うので、こう書いてます)

1万通貨単位で豪ドルを買うと、一日80円。10万通貨で800円。100万通貨単位で8000円。
これが一ヶ月続くとすると……。
働かなくても、いいんじゃない?
ってなります。

そうあまくありません。1万単位で必要証拠金が4万ほどかかります。つまり100万単位だと400万です。
では、400万あれば、働かなくていいのかというと、400万は最低持っていなくてはいけないので、
円高になったりすると、すぐに足らなくなってしまい、ロスカットで大損となります。
おそらく、ですが一千万位あれば、なんとかなるのではないでしょうか。

もう少し、気楽に考えてみましょう。
私は豪ドルがある値段になったら、大量購入します(といっても10万単位ほど)。
証拠金はそれほど多くありません。50万あったらいいほう。でも、買います。
それは、ある程度勝算が見込めるからです。

今月の含み損益がプラスなのは豪ドルの含み益が結構あるからです(記事はこちら)。

詳しくは……。また書きます。



スポンサード リンク


スワップって?

スワップって?

通貨発行国間の金利のようなもの、です。
金利の低い通貨を売って、金利の高い通貨を買うと、金利(スワップ)が受け取れます。反対に金利の高い通貨を売って、金利の低い通貨を買うと、金利(スワップ)を払う事になります。
日本は低金利なので、他国の通貨を「買い」にいくと、スワップがもらえることになります。



スポンサード リンク


FX攻略.comという雑誌

先週
「FX攻略.com」という雑誌を購入。

前から存在は知ってましたが、専門的過ぎて、(マニアック過ぎて)
ついていけないのでは、と思ってました。

読んでみると、悪くないです。初心者にも、フォローあります。
語句の説明とか、心構えとか。

全部に着いていく技量は必要ないかも知れませんが、
学ぶには良い雑誌と思います。

FX攻略.com



スポンサード リンク


LION FX (ヒロセ通商)

ヒロセ通商

ここは頑張ってます

まず、私がお勧めする「1000通貨単位」での取引が可能です。
FXに慣れるのには最適です。

それと、取引アイテムですが、なんでもありですね、ここは。
PCでの取引OKです。これが、専用ソフトでもいけますし、WEBからでも出来ます。
私はiPhoneで取引してますが、androidでも出来ます。

以前、はじめた当初(1年以上前でしょうか)、iPhoneでの取引に少々難点が
あって、ポジションをとっては見たものの、放置しておいて、いつの間にかに
ロスカットにあって、またポジションとって、ロスカット……、というのを
繰り返したりしてました。
しかし、今はかなり改善され、とても取引しやすくなっています。

あと、HPをみて目に飛び込む「餃子」や「チャーハン」。取引条件によって
プレゼントされます(私はまだチャレンジしたことないですが)。


「初めてだけどどこがいいかな」
という人は、ここに口座を作っておいても、損はしないです。

まずはHPをみてみてください。






スポンサード リンク


今月の取引結果(2012.8)

今月の取引結果を発表します。

一応サラリーマンらしく20日締めで25日頃に引き落としています

実現損益(実際に決済している、確定した損益のことです。)
+82545円

評価損益(含み損益ともいい、決済してはいない状態です。
なので、日々損益が動きますので、利益は絵に書いた餅となります)
+212580円

うーん、実現損益が10万超えなかったのは久々(4ヶ月振り)。
ユーロ/円が思ったよりも円安に進まなかったのが、原因。読み違いでポジションを取って
しまった……。

9月は円安を願ってます。
といいつつショートポジションを幾つか取っているので微妙……。



スポンサード リンク


銀行の口座を持とう

FX口座を持つ前に、
自分の自由になる銀行の口座
を持っておいたほうが、何かと便利です。

というのも、電車での帰途、急激な円高で必要証拠金が危うなったことがありました。
とにかく、追加でFX口座の方に入金しないと、ロスカットでかなりの損を被ります。

慌てて走って家に帰り、すぐさまパソコンを開いて、即刻入金で何とかしのぎました。

どこの銀行でも構いませんが、ネットバンキングは必要です。
お昼に街の銀行で入金するという方法は、少々不利です。

私も幾つか持ってますが、その一つが楽天銀行です。
楽天証券(楽天FX)も使ってますので、連携は良くなっています。


楽天銀行

楽天銀行





スポンサード リンク


初めての大事な3つ

FX会社を初めて選ぶとき、私が重要と思うこと、それは、次の3つ。

1.取引環境に応じたシステムが提供されていること

2.1000通貨単位で取引できること

3.一つの会社に固執しないこと(でも程々に好きになること)

この3つです。
説明します。
1.はまず「自分はこれからFXを何で取引していいくのか」を考えてください。
パソコンですか?
ケータイですか?
スマホですか? それはiPhoneですか? androidですか?
パソコン中心に取引する人は各社いろいろな取引専用ソフトがありますので、
それを気にしつつ会社選びをすればいいと思います。
ケータイでやりたい、と思ってもアプリが用意されていなかったりしている会社は
選べませんし、iPhoneアプリはあってもandroid用はなかったりします。
また、タブレットは少々遅れ気味です。
まず、「自分は主に何を使って取引をするか考えてください。

次に2.は「はじめは1000単位取引」をして欲しいからです。
飽きるまでしてください。
「チッ、これは動きが鈍くて儲けが少なすぎるぜ」
となったら、1万単位を考えてください。
なので、まず、1000単位取引ができる会社を選ぶことを勧めます。

3.は何を言いたいかといいますと、
FX会社は一つだけではありません。他の方々も数社に口座を持って取引していると思います。
私も5社口座があってメインは3社で取引してます。
はじめに一つ口座を開いて、しばらく取引して、
「使いにくいな」
「他社のほうが魅力的だな」
と感じたら、3日くらい考えて、新しい口座を作ってください。
FXは慣れていくにつれ、いろいろな事がわかってきます
FX会社はもちろん、世界情勢や、今まで知らなかった単語、そして、自分自身が。
それに応じた対応をしていく事が、懐と心の利益につながります。
なので、FX会社一つに固執することなく、のびのびと他のところにも浮気する心持ちで、
はじめの一歩を選んでください。

できるならばデモ取引をお勧めします。
デモ取引の勧め




スポンサード リンク


FX取引前夜

楽天FXでの興奮が冷めない。
「やばいなあ」
と思いつつ、FXに興味を持ったことを自覚する。

そして、色々とFXについて調べていった。

そんなある日、ふと、

「そういえば……」

マネックス証券の口座を開いていたことを思い出した。

「口座を開いて、5万円以上入金すると5000円キャッシュバック」という
キャンペーンにのっかって、口座を作って、そのままだったのだ。

なぜ、マネックス証券を思い出したのか。

マネックス証券は口座を開いていればすぐさまFX(FXPLUS)の口座を
作れたこと(これは楽天証券→楽天FXも同じ)。
そして、
FX初心者に必須(と私は強く提言する)な
1000通貨単位の取引
が出来るからだ。

早速、マネックス証券に入金していた8万円をFXPLUSに移動させ、しっかりと
マニュアルを読み、用語をマスター……なんて出来るわけなく、
売り買いと決済だけでという、知識でパソコンの前に向かったのだった。





スポンサード リンク


スプレッドについて

スプレッド!!!

再びですが。

FX会社選びをしてますと、必ず比較されるこの言葉。
具体的なことは以前書きましたが(そして、「スプレッド」)、
実際どうなんでしょう。

初めてFX会社を選ぶ場合、考慮ポイントにはなるとおもいます。
少しでも狭いほうが取引上、お得になるでしょう。
例えば、A社がスプレッド1銭、B社が2銭とした場合、100円の差があります。

でも、取引を始めるとわかるのですが……。

「米ドル/円を78.50で買いました」
この時、直後に約定価格に対する評価の数値が
A社の場合「-100円」と出ます。B社の場合「-200円」です。

この差って、FXの場合、大きくはないです。
動く場合、もっと激しく動きますから。

なので、FX会社を選ぶ場合、スプレッドは考慮の一つにはなりますが、
他の要因を優先したほうがいいと私は思います。

それは「FX会社選び」で書いていこうと思います。



スポンサード リンク


初のFX体験

楽天証券からFXをはじめたのは、この前書きましたが、
その時の「ポイントプレゼント」の条件に「一回取引すると」というのが
あって、それが人生初のFX取引だった。

取引画面? さっぱり……わからん。

とりあえずここをクリックで取引開始できる、というのではないか
という想定の上で、クリックする。
もちろん売りも買いもわからない。

目まぐるしく動くグラフ、プラスになったりマイナスになったりする
数値……。

マイナスより、プラスでしょう、という感じで、プラスになって再度クリック。

嵐が過ぎて、自分の保有金をみると、

「増えてる」

最初の取引時間は1分強。そして、500円のプラスに。

この時、私はこう思いました。

恐ろしい。もう二度とやらない
と……。



スポンサード リンク


そして、「スプレッド」

スプレッド、一言で言うなら、ASKとBIDの幅のことです。
???
具体的感がありません。
FX会社は「スプレッド最狭」を売りにしているところも珍しくありません。

では、どういうことか……。

例えば、米ドル/円として、

BID       ASK
85.00      85.05

という場合があります。ここでのスプレッドは85.05-85.00=0.05(円)です。


ここでASK(買い)から取引を始めた場合、1ドル=85.05です。
ここで、すぐさま売るとします(「決済する」という)。
そうするとBID(売り)の値が採用され(85.00)、0.05円の損となります。

0.05円って微塵じゃないと思いますが、ここで通貨単位の関係が出てきます。
一般的な「1万通貨単」は、0.01円(1銭)が100円(という換算になるので)なので、
0.05円は500円ということになります。

500円の損!!!

ほとんどのFX会社のスプレッドは1銭前後のようですが……。



スポンサード リンク


bidとaskって?

「 Ask 」は買値のことをで、「 Bid 」は売値のことです。
なぜかこの2つ、同じではありません。
「なんで2つも必要なの?」って思うのも
無理ないです。
この差額が(「BID」と「ASK」の差)が業者の儲けとなるところです。

私たちが実際に取引する際には、この差額が微妙に関係してきます。





スポンサード リンク


取引デモの勧め

FXをするには、FX会社を選ばなくてはなりません。そこに口座を作り、取引開始、という
ながれになります。
会社によってスプレットがいろいろで、取引通貨単位の制限もあり、取引するアイテムが
異なったりします(PCメインだったり、ケータイ・スマホ優位だったり……)。

悩みどころ満載なのですが、まずその前にしてほしいこと。
それは
デモ取引

実際のお金は必要ないので、気が楽です。それと、FXがどんなものかという雰囲気がわかります。
また、各々の会社のクセ(チャートの見やすさや売り買いのしやすさ、総合的な操作性などなど)が
契約前にわかるのも重要です。

それよりも最大に重要なことがあります。それは、
FXが自分に向いているかどうか!!!
です。まずここを確認してください。
手間暇かけて口座を作って、お金を工面して、さあ取引を始めたけど
「あれ、私って、こういうの向いてないかも……」と、なってしまうその前に
デモだったら、嫌になったその瞬間から、放置OKです。

下記2会社は私が実際にデモしました。メールアドレス等必要ですが、特に困った勧誘はなかった
と思います。

DMM.com証券無料バーチャル取引でFXとCFDを体験しよう!」(クリックでサイトに飛びます)

FXPLUS(マネックス証券)デモ取引口座」(クリックでサイトに飛びます)

あと、将来的なことも考慮して(本口座を作る過程として)
LION FX(ヒロセ通商)デモ取引」(クリックでサイトに飛びます)
です。

その他、いろいろデモ取引を行なっているところがありますので、ぜひ活用してください。
大事なお金を使う前に、慎重になること、それが大事です。



スポンサード リンク


FXをはじめたきっかけ

単純な話、楽天証券のキャンペーンに乗っかったのがFXを始めたきっかけです。
「今、楽天FXに登録して、一回取引すると、楽天ポイントプレゼント」というもの。

数年前に、楽天証券には口座作っていて、ほとんど取引もせずに放置していたものがあって
(確か「株主優待がお得!」という時期たった……)、それ程手間もかからずに
FXに参加できたのです (証券会社の口座を持っていると、すんなりとFXに参加出来るところがあります)。



スポンサード リンク


必要証拠金

必要証拠金って?

一言でいうなら、「担保」のようなもの。

FXをするのにどうしても必要なお金。
一般的な一万通貨単位では、一回の取引に5万前後必要になる(レバレッジ25倍)。

FXをやろうと思って、FX会社の口座を開いて、
「初めだから5万円振り込んどこ」
って、いざ取引しようと思ったら「証拠金不足です」って
取引できない、ということになりえます。




スポンサード リンク


1000通貨単位

1000通貨単位って?

一言でいうと
「リスクを抑えることできるが、儲けは少ない」
です。
例えば、一般的な取引(1万通貨単位)で、1万円儲けるところが、
10分の1の1000円の儲けになります。
しかしながら、1万円の損失も10分の1の1000円の損になります。

リスクを抑えるという点では「ポジション必要証拠金」も少なくてすみます。



スポンサード リンク


はじめの一歩

はじめまして。
ほよよといいます。これからFxのこといろいろ書こうと思います。
自分の経験をもとに、役立つことや自分の足跡的なことを綴っていこうと
思ってます。

よろしくお願いします。



スポンサード リンク


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
検索
美人為替
経済指標カレンダー
お得情報
FX ポータルの

リンク集
相互リンク大募集
カウンター
RSSリンクの表示
CSSのテクニック

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。